なぜ退職代行と同時に『働き方改善サポート』が必要なのか?

なぜ退職代行と同時に『働き方改善サポート』が必要なのか?

退職代行と同時に『働き方改善サポート』が必要

「会社を辞めたい。でも辞めることができない。」
そんな状況の中で退職代行サービスの利用を決めたあなたは「退職」に対する欲求が高まっており、「退職=問題解決」と捉えているかもしれません。

しかし会社を辞めるだけで本当に問題が解決し、苦しい状況から抜け出せるのでしょうか。
もしも苦しい状況から抜け出せなければどう解決すべきなのでしょうか。

実際に退職だけでは問題が解決できずさらに苦しい状況におちいった事例もまじえながら、退職代行と同時に働き方改善サポートが必要となる理由を解説していきます。

  1. 退職は問題の解決にならない
  2. 前向きに働くために本当の問題に向き合おう
  3. 転職をくり返し「うつ」になった会社員
  4. 本当の問題を解決するために必要な2つの要因
  5. あなたの問題解決に役立つNextepの『働き方改革サポート』

1.退職は問題の解決にならない

退職代行サービスの利用有無に関わらず、退職理由を大きく2つに分けると「ポジティブな理由」と「ネガティブな理由」に分けることができます。

ポジティブな退職理由:ステップアップのための転職・独立開業 など
ネガティブな退職理由:職務内容や待遇への不満・職場の人間関係に馴染めない など

ネガティブな理由である場合、あなたと会社の間になんらかの問題が生じていることになりますが、残念ながら退職が問題を解決してくれるわけではありません。
その問題の原因を解消する手段がないまま転職しても、いつかまた同じ問題に遭遇してしまう可能性は大いにあります。

つまりネガティブな退職理由の場合、退職は問題の先延ばしでしかないのです。

2.前向きに働くために本当の問題に向き合おう

自らの課題に向き合う

ネガティブな理由で退職する場合に一番大事なのは、本当の問題に向き合い、その原因を解消する手段を得ることです。
これができなければ今後も転職を繰り返してしまうおそれもあります。

とはいえ、退職代行サービスを利用するほど悩んでいるのであれば、無理に退職を止めるつもりはありません。
精神的な余裕がなければ本当の問題に向き合うことも難しいので、まずは退職してストレスフルな状態から抜け出しましょう。

退職して落ち着きを取り戻してからでも構わないので、下記について考える時間を取ることをおすすめします。

・退職に至った本当の問題とその原因は何か
・今後その問題を回避するためにできることは何か
・今後またその問題に遭遇した際にどのように解決すべきか

これにより同じ問題で転職をくり返す可能性を下げることができるでしょう。

3.転職をくり返し「うつ」になった会社員

うつになった会社員

実際に「退職=問題解決」と捉えてしまったために、さらに苦しい状況に追い込まれた事例を紹介します。
といっても、この事例はこの記事を執筆している私自身の経験談です。

20代の頃の私は仕事の得意分野と苦手分野がはっきりと分かれていて、業績にもかなり波のあるタイプでした。
得意分野の仕事が評価されることもありましたが、苦手な仕事ではミスも多く、そのミスを隠したり仕事から逃げたりしてしまう悪癖もありました。

その悪癖のせいで職場での立場は悪くなり、逃げるように退職。
お恥ずかしい話ですが34歳までに4回も転職をくり返しました。

「もう辞めてしまいたい。」
そんなストレスフルな状態から逃げるように退職をすると、落ち着きを取り戻して転職先で心機一転がんばろうという気持ちになれました。
しかし自分自身の本当の問題に向き合っていなかったため、転職後も状況は悪くなる一方で、とうとう35歳で『うつ』になってしまいました。

幸い2ヶ月の休職を経て職場復帰できましたが、私にとってうつになる前後の数ヶ月は人生で最悪の日々でした。
不安で常に心臓は高鳴り、眠れず、食事ものどを通らない。
ノートパソコンを開くことすら苦痛になり、最終的には会社のエレベーターにも乗れなくなってしまいました。

そんな私を救ってくれたのは当時の上司の言葉でした。
「まずは何も考えずに休め。気持ちが落ち着いたら、どうすればちゃんと働けるようになるか一緒に考えようや。」

それまで自分の弱さに向き合うことができず、逃げきれなくなり放心状態だった私でしたが、この言葉を聞いてやっと前を向くことができました。
それからというもの、上司からの指導に加えて様々な書籍やセミナーなどにも多くの学びを求めて働き方を改善し、数年後には大きな目標とやりがいを持って仕事に打ち込めるようになりました。

ここまでネガティブな退職理由を持つ人はあまりいないかもしれませんが、私の恥ずかしい経験談から「本当の問題に向き合う」ことの大切さを少しでも感じて頂ければ幸いです。

4.本当の問題を解決するために必要な2つの要因

くり返しになりますが、本当の問題に向き合うことはとても大事です。
しかし向き合うだけで問題が解決できるとは限りません。

過去の私も自分の弱さに気づいていましたし、解決したいとも思っていたのです。
しかしどう解決すべきかわからず、一人で自分を変えられるほど強くもありませんでした。

そんな私が変わることができた要因は「(問題を解決したいと思う)強い動機」と「周囲のサポート」があったからだと確信しています。

退職代行サービスの利用を考えたあなたにも、かなりの苦悩があったと推察します。
今はその苦悩が「退職したい」という強い動機につながっているでしょう。
ここで少し見方を変えれば、その苦悩を「問題を解決したい」という強い動機にすることもできるのではないでしょうか。
そうすることで現在の苦悩から解放されるだけでなく、将来の苦悩を避けることも可能なはずです。

ただ「周囲のサポート」を得ることは、よほど職場の環境に恵まれていない限り簡単なことではありません。
特に退職代行を利用したいと思うような職場環境ではなおさら難しいでしょう。
転職後にも、あなたの問題を解決するサポートが得られるとは限りません。

そんな場合には、あなたが抱える問題の解決を得意とする専門家にサポートを依頼することを提案します。
専門家のカウンセリングを受けることは、あなたの視野を広げ適切な解決策の発見はもちろん、「強い動機」を維持する助けにもなるでしょう。

5.あなたの問題解決に役立つNextepの『働き方改善サポート』

『働き方改善サポート』で問題解決

Nextepには「退職代行サービス」だけでなく、「働き方改善サポート」というサービスがあります。
これはあなたが働く上での問題を解決するために、下記いずれかの専門家のカウンセリングを受けることができるサービスです。

  • ビジネスコーチ
    コーチングを通してあなたの課題解決・目標達成を支援します。ビジネスコーチは一方的に意見を押し付けるのではなく、より適切な考え方や行動をあなた自身から引き出すため、自主的な対応力が身に付きます。
  • キャリアコンサルタント
    あなたの興味や価値観、能力や特性をもとに、あなたがより能力を発揮でき、高いモチベーションで働くことのできる適職の発見など、キャリア上の課題・悩みの解決を支援します。
  • 臨床心理士
    強い不安や恐怖により適切な行動を取ることができないなど、あなたの心のお悩みの解決を心理学的な方法を用いて支援します。

Nextepは「退職」があなたを幸せにしてくれるとは考えていません。
あなたの幸せは「どこで働くか」よりもむしろ「あなたがどう働くか」にかかっているるのではないでしょうか。

もしあなたが過去の私のように「退職」だけを考えて問題の解決を先送りにしているのなら、Nextepに問題解決のお手伝いをさせてください。